Skip to content

NY1page.comブログ

NY1page.comはNYで活躍する日本人エンターテイナーを応援するサイトです。

Category Archives: Uncategorized

私がニューヨークへ渡った90年代ほどホームレスの数は多くないが、やはりまだニューヨークにはホームレスがたくさんいる。

ホームレスは夏になると虫がわくように増えてくる。これはパフォーマーホームレスが存在するからである。 もちろんこの厳しい冬を外で震えながら過した本物もいるのだが、本物はドラッグや酒におぼれているので、お金を集めるなどというパフォーマンスをやっていられない。

さてパフォーマーホームレスというのは、小遣い稼ぎのためだけに街頭に立っていたり、電車の中でわざとホームレスのふりをしてお金を集めて回る人たちのこと。彼らは、野良犬の数十倍は臭気を漂わせ、今にも消えてなくなってしまいそうに痩せこけているから、見ているだけでも哀れである。

その姿でヨトヨトと地下鉄の中を歩いてお金を集めてまわるのだから、ついつい誰もがクォーター(25セント)を差し出されたカップに入れてしまう。

このパフォーマーホームレスに関しての面白い話を、以前イーストビレッジに住んでいた日本人の友人から聞いたことがある。友人は、 ほとんど毎日、 彼のアパートの近くに立っているホームレスにクォーターを渡していた。

ある日、 仕事先である(今はなき)ワールドトレードセンター付近を歩いていた。ビルの谷間にも、夏の強い陽射しがギラギラと差し込む。それを避けるかのように、見覚えのある男がビルの陰で煙草を吹かしながら、涼しい顔をして立っていた。どこかで見た顔だなと、記憶をたどる。

いつもと違う場所で見るので気づかなかったが、この男は自宅でいつもクォーターを渡しているホームレスである。今日は、別の場所に立っているんだなと不思議に思いながらも、ホームレスだと気付いた友人は、日頃の習慣で慌ててポケットを探ってクォーターを取り出した。そしてホームレスに近づくとクォーター手渡そうとした。

「ノーサンキュー」クォーターをにぎりしめた友人の右手をちらりと見て、ホームレスはまるで投資家のビジネスマンのようにクールな様子で首を横に振った。その反応に驚いた友人は、「どうしたんだ?なぜクォーターを受け取らない?」と聞いた。

ホームレスはさらりと「今、バケーションなんだ」と言いながら、スーッと煙草を吹かしたのだった。

別の友人の話では、やはり彼女の家の近所にいつも立っている女性のホームレスがいた。会えば必ずクォーターをカップに投げ込んでいた。 その日もホームレスが立っていたので、 彼女はバッグの中や御財布をあさってクォーターを探した。 だが、 その日はクォーターどころか小銭が一枚も見つからない。仕方ないので、お金以外でなにか足しになる物をと、持っていた煙草を善意であげる事にした。

ところがこのホームレス、その煙草を受け取るやいなや「こんなものぉ~」 という感じで道路に投げ捨てたのだった。友人はホームレスというとシケモクをあさっているイメージがあったので、彼らがタバコを吸うのなんて当たり前で、煙草をもらえると喜ぶのだと思っていた。ところが予想外の反応に、ノンスモーカーのホームレスも存在することを思い知った。

私がニューヨークホームレスパフォーマー業界でベストパフォーマンス賞をあげたいのは、地下鉄のミッドタウンあたりで乗ってくる貧乏で貧乏で仕方ないって顔をした白人夫婦。彼らは、着実に毎年の興行収入を増やしているはずだ。

夫婦そろってボロボロのジーンズに、汚れたスゥエットシャツ。更に、なぜだかボロボロに破れかけたスーパーのプラスティックバッグを下げている。スーパーの袋なんてそこいらじゅうで新品が手に入ると思うのだが。これぞパフォーマンス。

地下鉄が大きくゆれ、奥さんが倒れそうになったりするのを支える夫。長い間、食事を食べていないから身体を支える力も無いという妻の細い腕から悲壮感が漂う。そこには夫婦愛もある。つまり貧乏ってだけでなく、このオシドリ夫婦のけなげな助け合いに感動し、ついつい誰もがクォーターを渡してしまうのだ。

同夫婦を別の日にミッドタウンの街頭で見かけたことがある。ギラギラした暑い太陽に照らされながら、 道路に座り込んで物乞いしているのを見かけた。おっと、こんなところでも営業しているのかと驚かされた。しかし、ここではホットドックを二人とも頬張っていた。

最後にもう一つ。友人とダウンタウンを歩いているとホームレスが大きな黒いプラスティックのゴミ箱をあさっていた。ホームレスは、白い小さな袋を探し出すと中に入っているピザをパクリと口にした。 しばらく歩いてその場所を通り過ぎた後、私は友人に言った。

「さすがホームレス。ピザがあの袋に入ってるってことが、よくわかったよね」
「えー?あぁ、そういえばピザ食べてたよね」今頃、気づいたかのように言う友人。
「あのピザはゴミ箱から拾ったんだよ」
「そうだった?」

その様があまりに自然だったので、友人はゴミ箱から取り出したものだと気づかなかったようだ。まるで冷蔵庫から残り物を取り出して食べたかのようだったのだ。潔癖な友人だからか、ゴミ箱から取り出したものだと意識しないようにしたのかもしれない。
 
ニューヨークでホームレスを観察していると、様々なパフォーマーを発見できる。ここには登場させなかったが、ミッドタウンのブルーミングデール付近で夏になると黒いプラスティックのゴミ袋を洋服代わりに着ている痩せこけた老婆がいた。

洋服なんて、ニューヨークに住んでいるホームレスならば履いて捨てるほど手に入る。しかしこの老婆は、暑い夏の日にゴミ袋を着てホームレスを演じ続けた。もう目にすることもなくなったこの老婆。今は、どうしているのか知らないが、年齢も年齢だったので、もうお亡くなりになったのかなぁ~。恐らく、パフォーマンスで稼いだ金で手に入れた高級な墓石の下に眠っているのだろう。

人気ブログランキングへ

NYでは犬を飼っている人が大勢いる。
グリニッジビレッジを歩いていても犬、
ブルックリンを歩いていても犬、ハーレムでもやっぱり犬。

まずエリアや人種によって連れている犬の種類が違うのがユニーク。

ミッドタウンではアパート住まいなのに、大型犬を飼っている人が多い。

若いヤンエグ(古っ)な男女は、ラブラドール・レトリバー。
私の友人もワンベッドの高層マンションでそのラブラドールを
アダプトして二頭も養っている。

※(アダプトというのは、
飼い主に捨てられたりして、シェルターにつれていかれた犬を
養子にすること。

捨てられた犬を殺してしまうのではなく、里親探ししてあげるところに
アメリカの懐の深さを感じる)

お年よりや1人暮らし女性は、小型犬。
ダックスフンドやトイプードルを連れている人が多い。
グルーミングとかもマメに通っているようで、さすが都会の犬は
小奇麗。

年に数回しかヘアーサロンへ行かない私より、
奴らはヘアーに金をかけている。

ハーレムやブロンクスエリアで闊歩する、黒人やラテン系の
お兄さんたちは、格闘系の犬が好き。
ピットブルやブルドックで強さを誇示するのだ。

さておき、NYに初めて来たときに感じた事は、
こちらの犬がおとなしいことである。

私の日本の実家の近所では、散歩中の犬同士で目があえば、
キャンキャンワンワン吠えあい、あっちでこっちでにぎやかになり、
トラブル続出。

ところがNYの犬は、ご近所の犬を見てもクールに決めているのである。

「NYの犬はどうして吠えないの?」とNY在住アメリカンに問うと、
「人馴れしてるんだよ。」というストレートな意見。

きっと人馴れってより、自分が人だと思ってるのに違いない。

どうしても犬が吠えてる姿を見たいと思っていたある日、
日系の雑種っぽいワン公と目があった。
私は、吠えてみろといわんばかりに、そいつから目をそらさずに
攻撃的な視線をビームした。

すると、ワン公は、
私の方をちょっと敵意を抱いた眼差しで見つめながら、

バーウーと、ゆるやかな声をあげた。

それは故玉川良一さんが、ささやくようなダミ声だった。
(玉川良一さんをご存知無い若人は、トムとジェリー
幕間のドルーピー参照)

NYで激しく吠える犬を見たことが、一度だけある。
ブルックリンに住んでいた頃だった。

前述のようにピットブルは黒人やラテン系兄さんたちに
人気の犬である。

その一匹がラテン系の兄さんによって放し飼いになっていた。
そしてそいつが、黒人兄さんの飼い主と歩いている
ピットブルに食らいついていたのだ。

耳に噛みついて、
ぶんぶんと頭を揺する放し飼いの犬。

噛まれた犬はその後、血まみれになって、
ぐったりとうな垂れた。

やがて犬の攻撃は、飼い主同士の大喧嘩へと発展。

ピットブルの喧嘩の続きみたいに、
噛み付きはしないけど、飼い主が吠えまくった。

噛みついたほうの犬は、まだ吠えてるし、
飼い主は飼い主で大声をあげる。

騒ぎを一目みようと、たくさんの野次馬が彼らを囲んだのだった。

いやはや犬が大人しいっていうのも、結局は飼い主次第って
ことだろうか。
人気ブログランキングへ

ROXYとは日本のNY観光ガイドブック、ナイトクラブ欄には
必須のディスコで、どうしてオカマしか行かないディスコがガイドブックに?
と不思議に思っていたのだった。

もちろんベストフレンドでゲイ(芸人ではない)のリョウちゃんと同行。

彼は、いつのまにかワークアウトで鍛えてムキムキの逆三角形の身体に、
ランニングを着て、「これでいいかしら?」とゴルチェのモデルを
彷彿とさせる鮮やかな赤のジャケットをおろしていた。

「日本のガイドブックにでてるからさー、
おのぼりさんみたいな格好の人を
たまに見かけるんだよねー」(むむっ辛口の意見)

朝?の10時までやってるから、本当の通は3時とか4時とか
他のクラブがひけてから来るのだという。

午前2時を過ぎて出発、まずはミッドタウンでゲイバーへ行ってから
タクシーをひろった。ゲイエリアのはしごやね。。。

クラブの入り口には大学生のバイトみたいなダサイ兄ちゃんが二人いて、
ID(運転免許書など年齢が確認できるもの)をチェックしていた。

中に入ると、レーザー光線のブルーの閃光がほとばしり、
耳がちぎれそうなくらい炸裂するハウスの流れるフロアーは、
本当に地球にいるんかい?といわんばかりの異次元空間。

そしてそこに私が見たものは・・・。

膨大な数のオカマ達。しかも上半身裸だった。

なにがおのぼりさんの格好だよ!全員裸じゃーん。

とりあえずラウンジでカクテルを飲み、「ちょっと便所へ行って来る」
とリョウちゃんに言ったが、店内が真っ暗でだだっ広いので、場所がわからず
付いて来てもらった。「あんたはこっち」と女便所へ。

オトコバッカリジャーン!

女便所と表示されているにもかかわらず、
中には男しか存在しなかったのである。

ちょっと踊ってみようということになり、リョウちゃんと一緒にフロアへ。
リョウちゃんを見る男たちの目はギラギラしていて、
私はただのカボチャ状態だった。

踊ってる男はカップルでキアヌリーブスばり男前の勢揃い。
もちろん皆裸。

鍛えた身体をここで発表するのだそうだ。時にはブヨブヨな奴もいるらしいが…。
青白く光る裸体があちこちでうごめいていて、ここは本当にNYなのか?
と酔っ払いすぎて悪夢を見ているようだった。

曜日によって違うのかもしれないが、
観光なんかできたら、驚く事この上ない場所だ。

よくも無責任にガイドブックに掲載されているものだとぼやきながら、
朝の5時にリョウちゃんを置き去りにしてタクシーに乗ったのだった。

The Roxy‎
515 West 18th Street, New York, NY 10011(212) 645-5156‎